トップ / 肌が乾燥肌になる原因とは

コラーゲンで乾燥肌対策

肌が乾燥肌になる原因とは

肌の乾燥は間違ったスキンケアから

<乾燥肌と健康な肌の違い>
皮膚の水分は発汗や皮膚から自然に蒸気として失われることにより減少しますが、体の内側や大気中の水分から再び供給されることでバランスを保っています。ですが乾燥肌になるとこの保湿能力が低下してしまいますので、水分を適度に肌に留めておくことができず、かさかさと乾燥して白く粉が吹いたり、外的刺激から肌を守ることが出来ず肌トラブルを引き起こす原因となります。

乾燥肌とは違い健康な肌では、一番表面の皮脂膜が天然の保護クリームとなり水分を逃しません。その奥の角質層には天然保湿因子のNMFがあり水分を吸着して保持することで、肌の弾力を作り出しています。そして細胞の隙間を埋めてつないでいるのがセラミドに代表される細胞間脂質です。肌の保湿にとってもっとも重要な成分で、外部刺激から守ったり、水分が過剰に蒸発することを防いでいます。この皮脂膜、NMF、細胞間脂質がバリアを作り健康的な肌を作り出しています。

<乾燥の原因は何?>
肌の乾燥の原因には、皮脂膜、天然保湿因子、細胞間脂質、この3つのバリア機能の減少があります。これらは加齢により減少しますがそれ以外にも元々の体質、気候や環境の変化、間違ったスキンケアが原因で減少してしまいます。皮膚科を受診する人の多くはスキンケアが原因による乾燥肌ということですので、肌をキレイにしようと習慣的にしていることがかえって肌にとっては逆効果になっていることが考えられます。

洗顔の時にゴシゴシ洗ったり、肌に刺激になる毛穴パック、スクラブ洗顔でのケア以外にも、ふき取り化粧水やクレンジングでこすりすぎること、またクリームを気になる部分に念入りに塗りこむことなどは、ケアのたびに少しずつ角質層に傷をつけて保湿能力を低下させてしまいます。皮脂の分泌が多いとつい朝からしっかりと洗顔フォームや石鹸で洗ってしまいたくなりますが、洗い過ぎて皮脂を落としすぎることも乾燥を進行させる原因となります。

それ以外にも偏った食生活や極端なダイエット、ストレス、睡眠不足など生活習慣の中にも肌の乾燥を悪化させる原因が潜んでいます。

Copyright © アンチエイジングと保湿の関係. All rights reserved.