トップ / 肌の保湿にはコラーゲン

コラーゲンで乾燥肌対策

肌の保湿にはコラーゲン

保湿にはコラーゲンが必要

<体を作るコラーゲンによる保湿効果>
体の関節や内臓など、人の体にあるたんぱく質のうち3割はコラーゲンで出来ています。肌の奥の真皮部分においてはコラーゲンが7割を占めています。網目状の構造になった部分に水分や油分を抱え込むことで、肌に弾力やハリ、潤いを作り出していますので、コラーゲンは肌の奥の保湿には欠かせない成分です。

このコラーゲンは20代がピークでその後は減少していきます。例え若くても過度な日焼けや喫煙によっても失われていきますので、コラーゲンが減少すれば若くてもシワやたるみが気になるようになります。乾燥を防ぐアンチエイジング化粧品をお探しならこちら。

<化粧品でコラーゲンを補う>
乾燥に悩む肌には欠かせないのがコラーゲンです。真皮ではコラーゲン合成を行っていますので、ここにコラーゲンが届いて合成を助けることが理想的ではありますが、コラーゲンは分子量が大きい成分のため化粧品に配合されているコラーゲンでは肌の奥の真皮まで浸透させて働かせることはできません。ですが角質層にもコラーゲンは存在しています。また繊維状たんぱく質ですので表面積が広く保水効果が高い成分です。

肌表面の乾燥に悩んでいる時には、化粧品に配合されたコラーゲンが肌表面の保湿成分として働いてくれます。肌表面で働くことで、角質層など肌表面に近い部分をしっかりと保湿することができます。繊維状たんぱく質が水分を保持することで乾燥が原因による肌トラブルを予防することもできます。

乾燥は色々な肌トラブルの原因の元です。肌表面が潤っていればバリア機能が高まり、外部刺激から肌を守りますので紫外線などシミの原因からも防いでくれます。しっかりと保湿することで水分が逃げにくくもなりますので、乾燥肌が悪化することも防げます。

コラーゲン入りの化粧品を選ぶ時にはナノ化、低分子化された化粧品を選びます。分子サイズが小さければ肌表面だけではなくより肌の奥まで肌を保湿することもできます。また生コラーゲンは、体内にあるコラーゲンと同じ構造のため肌なじみが良く、角質表面で水分を抱え込むという特徴があります。

Copyright © アンチエイジングと保湿の関係. All rights reserved.