トップ

コラーゲンで乾燥肌対策

アンチエイジングと保湿の関係

アンチエイジングに大切な保湿

<肌の老化と密接な関係にある乾燥>
年齢と共に肌が乾燥していると感じるようになってきますが、これには加齢が影響しています。肌には水分を留める保湿能力がありますが、年齢と共にその保湿能力は低下してしまいます。低下してしまうのは仕方ありませんがだからと言って乾燥したままほったらかしにしていると、乾燥肌は年齢より老ける原因になりますのでアンチエイジングを意識するなら保湿は欠かせません。

潤った肌というのはしっとりと弾力がありますが、乾燥した肌というのは肌自体が硬くなっています。硬くなった肌は新陳代謝が落ちてしまいます。新陳代謝が落ちるとハリの元となるコラーゲンやエラスチン繊維の生成が減りますので、肌の弾力が失われてしまいシワができやすくなります。

さらに新陳代謝の乱れた肌は老廃物やメラニン色素などをうまく排出されないため、シミやくすみが肌に残ってしまいます。乾燥した肌表面はバリア機能が低いですので、外的刺激から守れず紫外線の影響も受けやすくなります。シワ、シミがある肌は見た目より老けてみえる原因になりますので、乾燥肌はアンチエイジングと深い関係にあることが分かります。

<老化から守るために保湿は重要>
生物や植物が生きていくために水分が必要なことと同じように、肌の角質層も水分を必要としています。角質層が水分で満ちている状態が、健康的で理想的な肌となります。

肌の内部にあるアミノ酸、肌表面を覆って水分を逃さないようにするヒアルロン酸、細胞間脂質と呼ばれる細胞と細胞の間で水分を包み込むセラミド、細胞と細胞をつないでハリの元になるコラーゲン、そして皮脂腺で作られて保湿バリア機能を持つ皮脂、これらが肌の潤いを作ります。つまりこれらがバランス良く保たれることで、赤ちゃんのようなハリのある若々しい肌が保つことができるのです。

Copyright © アンチエイジングと保湿の関係. All rights reserved.